ノコギリヤシサプリ徹底比較TOP10

睡眠不足で何が起こる?

睡眠不足で何が起こる?

日本人は世界でもトップクラスの睡眠時間の短さになっています。働きすぎる人が多く、夜でも安全に外を歩きやすいことも要因の1つです。

慢性的に睡眠不足になっている人は、日中の睡魔に耐えられないだけでなく、体や心に様々な障害が生まれます。ここでは、睡眠不足で何が起こるのかを説明します。

脳への影響

睡眠不足は脳へも悪影響があります。まず、頭の回転が悪くなります。覚えておかなければいけないことを忘れてしまいやすくなり、考える力もなくなってきます。徹夜で仕事をしてもかえって非効率になるわけです。

考える力が失われていくと仕事に大きな影響がありますよね。そして、精神的に不安定になります。怒りっぽくなることで友人や同僚とのトラブルが増え、考えることができないから更に機嫌が悪くなっていきます。睡眠不足による脳への影響は悪循環を繰り返していくのです。

肌への影響

睡眠時間が短いと肌が荒れていきます。女性にとって睡眠がとても重要な要素となっています。これは、ホルモンのバランスが崩れることによって起こるもので、肌が荒れてきてニキビや吹き出物ができやすくなります。肌が荒れてきたと思ったらしっかりとした睡眠を取るようにしましょう。

また、男性にとっては薄毛の要因にもなりやすくなります。ホルモンバランスが崩れて頭皮への血流が悪くなり、脂っぽい頭皮になります。いつまでも若々しく生活していくためには、十分な睡眠時間が重要なのです。

健康への影響

頭が回らない、肌が荒れる、といったことよりも重要なのが健康への影響です。睡眠不足が続くと、寿命が短くなる(死亡率が高まる)という実験結果が出ています。これは病気にかかりやすい体になることもありますし、注意力散漫になり交通事故を起こすことも含みます。

その他にも、精神的に不安定になることでうつ病にかかりやすくなりますし、睡眠障害にもなりやすくなります。眠れる時にはしっかりと眠ること、そして深い眠りを手に入れるためにリラックスした状態をキープすることが大切です。